設立40周年を超えた認可法人預金保険機構が支払う保険金の補償額(ペイオフ解禁後)は”預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し決済用預金は全額)”ということ。、日本銀行だけではなく日銀、加えて民間金融機関全体が同じ程度の割合で

実は日本の金融市場等での競争力を強化することを目指して緩和された規制のほか、金融制度の更なる質的向上が目指されている試みを積極的に実行する等、市場だけではなく規制環境の整備がどんどん進められているのです。

麻生内閣が発足した2008年9月15日に、アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したのである。このニュースが歴史的金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と呼ばれたのが理由。

つまりペイオフについて。防ぐことができなかった金融機関の経営の破綻の際に、預金保険法に基づき保護する預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を言います。

よく聞く「失われた10年」というキーワードは、国全体の経済や一定の地域における経済が約10年超の長期間に及ぶ不況および停滞に襲い掛かられた10年を語るときに使う語である。