ビデオを見せろ、見せないで永田町が割れています。

ビデオを公開すればどっちが問題なのか分かりますが、高橋さんの解放と交換条件なので公開はありません。
尖閣諸島は小泉内閣の時代にも活動家が7人上陸し、小泉内閣は彼等を逮捕したにも関わらず送還しました。
その事に対して、怒りの声を上げたキャッシング 即日人物がいます。

彼は木曜日の国会で共産党までもが持ち出した、1895年に尖閣諸島を合法的に領有したという話を展開し、中国は1971年に石油が見つかり領有を主張したと語ります。

彼は2006年に出版された著作の108ページで「小泉政権は中国が騒ぐのを恐れたのか、政治的判断で彼らを強制送還してしまった。これでは、尖閣諸島に関するわが国の主張に曖昧さがあると、他国に疑われても仕方ないではないか。」といい次のページでは「僕が首相の立場なら、日本の主権を意図的に侵した活動家7人は法律にのっとって適正に処理する。そして、日本の領土である尖閣諸島に海上保安庁の警備基地等を設置して、国家主権の侵害を認めない。」と書いています。

この当時野党の代議士だった人物は小沢一郎氏で、彼の著作 強腕維新より引用しました。