今日の邦丸ジャパンで、伊藤惇夫氏が小沢氏の功罪について語っていました。

功の部分は政権交代を可能にした という事を語りました。(この件に関しては異論がありますが取り上げません)。

まずは今の菅内閣の支持率の低さの理由を分析します。

国民から期待されていたのに、いらない事ばかりやって 日本を目茶苦茶にしていると。

飛び散った支持率のカケラを集めようとして散らかしてしまっているのが菅内閣であると伊藤氏は語ります。

でも支持率を粉々にしてしまったのは誰なんだ?

前任者の鳩山氏です。

お母さんに子供手当を貰ったのがばれた時の「裕福な家庭に育ったから資金管理が杜撰でした」発言、「トラストミー」と言いながら先延ばしにしたあげく何も出来なかった普天間基地。

鳩山氏が総理に就任するとたちまち日本がガタガタになりました。

その鳩山氏を民主党の代表にする為にバックアップしたのが小沢氏です。

西松事件の影響で小沢氏が辞任をする際、代表選挙には鳩山氏と岡田氏が立候補しています。