ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査データによると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェインの除去されたコーヒーに変えると、驚くことに直腸がんの発生リスクを約52%減少させたという。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、任意接種ではなく定期接種になるので、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わります。
複雑骨折によりかなり出血してしまった場合に、血圧が下がって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血が引き起こされる時があります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではない状態で生命を保っていく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに要る理論上のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
上が140以上の高血圧が継続すると、全身の血管に強い負担がかかった挙句、頭のてっぺんから足の爪先までいろんな血管にトラブルが発生して、合併症になる率が大きくなると言われています。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足し、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が出現します。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるため大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけたりして、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。
吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器)からの出血のことであり、吐血というのは十二指腸より上部にある消化管から出血する症状を指しているのです。
加齢に伴う耳の聞こえにくさでは毎日少しずつ聴力が低下していきますが、一般的に60歳を超えないと聴力の悪さをきちんと認識できません。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めてきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、辛い宿酔に効果的です。苦しい二日酔いの素因とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングに関係しています。
臓器である前立腺はその生育や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても深く関わっていて、前立腺に出現してしまったガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンに刺激されて大きくなってしまいます。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常によりもたらされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因としては生殖ホルモンのバランスの乱れやナイアシンなどビタミンB群の慢性的な欠乏などが関わっています。
「ストレス」というのは、「無くさなければいけない」「除去しなければいけない」ものと思いがちですが、其の実、我々人間は大小のストレスを受けているからこそ、活動することが可能になります。
日々繰り返される規則正しい生活の保持、暴飲暴食しないこと、適切な運動や体操など、古臭いともいえる健康に対する留意がお肌の老化防止にも関係しているといえます。