薬、アルコール、色々な食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用の事を解毒と称し、多機能な肝臓の担う最も重要な役目のひとつなのです。
ピリドキサミンには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝に必要となる回路へ組み込ませるため、それ以上に細分化させるのを助けるという機能もあると言われています。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎは皮膚にトラブルを誘引する可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを使う行為の禁止を広く世界各国に勧告中です。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類になります。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に丈夫で軽いのに耐久性に優れており、シャワーなどで濡れても大丈夫という特長があるため、いまのギプスの定番でしょう。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を発揮するのです。
強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間に存在して緩衝材に近い働きをしている椎間板という名の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出した症例を指しています。
様々な花粉症の症状(水っぱな、鼻づまり、クシャミ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足になり、次の日起きてからの業務に悪影響を及ぼすことがあります。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて煙草を吸う事・お酒を飲むこと・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレス等によって、近年日本人に増えつつある疾患だといえます。
ただの捻挫だと決めつけて、包帯やテーピングテープで患部を適当に固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施した後素早く整形外科医に診察してもらうことが、結局は根治への近道となるのです。
アミノ酸のグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を下げたり突然変異をもたらす有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の働きをより強化する特長が認められているのです。
暗い場所では光量不足によってものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーが消費され、日の差す場所でものを眺めるより疲労が大きいと言えます。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や足がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどがよく起こり、進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全も連れてくる可能性があるのです。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等の数値によって診ることができますが、ここ数年の間に肝機能が落ちている人々が徐々に増加傾向にあるということが危険視されています。
内臓脂肪症候群であるとは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が付きやすい特性の悪質な肥満を抱える事に縁り、深刻な生活習慣病に罹患しやすくなります。