アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が満了してから4週間後には、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わるという薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は先進国で知られているという現実があります。
グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強くて軽いのに長期間の使用に耐えることができ、なんと濡れても破損しないというメリットがあるため、今のギプスの中では第一選択肢です。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するにまるい形をした紅い発疹や湿疹など、皮膚の病気の総合的な病名で、その病因は正に多種多彩だといえるでしょう。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが密に関係していて、前立腺に出現してしまった癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)によって大きくなってしまいます。
スマートフォンのチラつきを低減する眼鏡が最も人気を集めている訳は、疲れ目のケアにたくさんの人々が苦心しているからだと推測されます。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特性があるのでオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊したりして、皮膚に悪い影響をもたらすのです。
陰金田虫(いんきんたむし)は20〜30代の比較的若い男性に多く確認され、大抵の場合は股間の周辺だけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りのように体が熱くなった時に激しい掻痒感が訪れます。
年齢を重ねることが原因の難聴では毎日少しずつ聴力が落ちていくものの、多くの場合は60歳くらいまでは耳の老化をあまり自認できないものです。
杉の花粉が飛ぶ季節に、まだ小さな子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうクシャミしたりずっと鼻水が出続けている症状だったなら、その子は杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
現在の病院の手術室には、トイレや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、オペ中に撮影できるX線装置を設けるか、そうでなければ近辺にレントゲン用の専門室を設置するのが通例である。
毎日の規則正しい生活の継続、腹八分目を心がけること、軽いスポーツなど、アナログとも言える健康についての意識が肌の老化防止にも関係するということです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も患者数の多い中耳炎で比較的幼い子供に起こりやすい病気です。激しい耳の痛みや38度以上の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(みみだれ)などの多様な症状が出ます。
ただの捻挫だと決めつけてしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで適当に固定し、様子を見るのではなく、応急処置を施してから少しでも早く整形外科で診察してもらうことが、結局は根治への近道となるでしょう。
肥満の状態というのは言うまでもなく摂取する食物の種類や運動不足などが素因ですが、同じボリュームのごはんだったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると考えられています。
BMI(体重指数を求める計算式はどこの国でも共通ですが、数値の評価水準は各国異なっていて、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定義しています。