ヘルニアというものは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨の間でクッションと同様の役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい組織が突き出た症状を称しているのです。
ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化しにくくする効果があります。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がしびれるような感覚があったり下肢の浮腫みなどが中心で、症状が進行すると、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全も招く可能性があるそうです。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら体をがんから保護する役目を担う物質を生み出すための金型である遺伝子が異常をきたすことでかかってしまうということが分かっています。
緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩こり、首の凝り、張りによる肩凝り頭痛で、「締め付けられる強い痛み」「ズシッと重苦しいような鈍い頭痛」と言われることが多いようです。
人間の体を維持するのに必要なエネルギーとして速攻で機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必須の蛋白質など、無理な痩身ではこのように体調を保障するために必ず要る要素までも減少させている。
男性だけにある前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関連していますが、前立腺に出現してしまったガンも同様、雄性ホルモン(男性ホルモン)の影響で肥大化してしまいます。
ハーバード医大(HMS)の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2杯よりも多くカフェインレスコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸ガン発病率を半分以上は減らせたらしい。
下腹部の疝痛がみられる主な病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の疾患などがよく挙がるようです。
今時の病院のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室を設け、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を準備しておくか、近辺にX線装置のための専門室を併設するのが慣例となっている。
PCモニターの細かなチラつきを低減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネが大変人気を集める訳は、疲れ目の対策法に大勢の方が関心を寄せているからです。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に強いダメージがかかり、体中至る所の色々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症を起こす公算が拡大するのです。
内臓脂肪の多い肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖のうち2項目か3項目全てに相当するような事例のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しているのです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、3〜4日処方薬を飲めば、原則、90%近くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が完全に引いたことを意味しないので留意してください。
人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に分類できますが、中耳の部分に様々な細菌やウィルスが感染し、炎症ができたり、体液が溜まる症状を中耳炎と称しているのです。