子供の耳管の作りは、大人と比較して幅がある上に短い形状で、又ほぼ水平になっているため、様々な菌が潜り込みやすくなっているのです。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いのでオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を壊したりして、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。
栄養バランスの取れた食生活や運動は無論、肉体や精神の健康やビューティーアップを目的とし、食事以外に様々なサプリを飲む事が普通になったようです。
トコトリエノールの作用としては抗酸化機能が一際知られていると思いますが、この他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが確認されています。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは違い、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、ひいては細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。
消化器科の領域である急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しに見舞われる位で済みますが、細菌感染によるものの場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高い発熱が特徴だといえます。
HIV、つまりエイズウイルスを有している血液や精液、唾液、母乳、腟分泌液などの体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れることにより、HIV感染の可能性があります。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後、製薬市場の8割が後発医薬品に取って代わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界で浸透しているのです。
男性だけにある前立腺はその活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密に関連していますが、前立腺に発現した癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまいます。
人間の耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが付着し、炎症ができたり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。
スマートフォン使用時の光のチラつきを軽減させる効果のある眼鏡がことさら人気を博しているのは、疲れ目の低減に多くの人が興味を持っているからだと考えられます。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝り、張りが素因の最も一般的な頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛み」「重くてたまらないような鈍い頭痛」と言い表される症状が特徴です。
一般的には骨折しない位の僅かな圧力でも、骨のある決まったエリアに何度も連続して力が加わると、骨折が生じることがあるので気を付けなければいけません。
学校や幼稚園などの大規模な集団生活をする中で、花粉症が原因で他のみんなと等しく思いきり運動できないのは、患者である子どもにとっても辛いことです。
食事の際は、食べたい物を気軽に口に運んで幾度か噛んで飲み下して終わりだが、その後体は本当によく機能して食物を人体に取り込むように励んでいるのだ。