クモ膜下出血はそのほとんどが脳動脈りゅうという脳内の血管にできるコブが裂ける事で罹患する命にかかわる病気として認識されています。
ハーバード医科大学(HMS)の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上デカフェのコーヒーを飲めば、なんと直腸ガンの発症率を5割も減少させることができたとのことだ。
平成17年から特保のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といったフレーズの明示が食品メーカーに義務付けられている。
高血圧(hypertension)になると、体中の血管に大きなダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまであちこちの血管に障害が起こって、合併症を発症してしまうパーセンテージが拡大するのです。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、肌に悪影響を与えるのです。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の追跡調査のデータによると、大人に比べると体の小さい未成年のほうが漏れた放射能の良くない影響を一段と受けやすいことが明らかになります。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促進する特長が特に有名で、血中のカルシウムの濃度を調整して、筋繊維の働きを微調整したり、骨を作ってくれます。
数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、衝撃に強くて重くなくて持ちが良く、濡れてしまってもふやけないという特長があるので、今のギプスの中でも主流だと言えるでしょう。
心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭まってしまい、血流が途切れ、必要な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋線維そのものが壊死するという重い病気です。
物を食べる時は、食べたい物を気軽に口に運んで約20回噛んで嚥下して終わりだが、その後身体は実に健気に機能し続けて異物を人体に取り入れるように励んでいるのだ。
耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分類できますが、この中耳のところに黴菌やウィルスが感染し、炎症が起こったり、体液が溜まる病を中耳炎と呼びます。
子供の耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると幅広で短い形であり、尚且つ水平に近いため、バイキンが入り込みやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、これが原因です。
脳内にある5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの制圧、色々な覚醒現象などを操っていて、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんではその機能が鈍化していることが判明しているのだ。
塩分や脂肪の大量摂取を控えた上で無理しない程度の運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎない毎日を心がけることが狭心症の主因となる動脈硬化を予め防止するコツなのです。
お年寄りや慢性的な病気を持っている方は、殊に肺炎を発症しやすくてなかなか治らないという特徴があるため、常日頃から予防する意識や迅速な手当が重要だといえます。