近い将来資格試験に向けて試験の勉強を始める受験生にあたっては、「司法書士試験においては、どれぐらいの勉強時間を堅持したら合格できるのか?」ということが当然気になるところでしょう。

今日び、司法書士試験でのリアルな合格率はおおよそ2~3%位であります。必須とされる学習期間との相互バランスで考えると、司法書士資格試験がいかに高難度かが知ることが出来るのでは。

一言で言うと「足切り点のライン」といった受験制度が司法書士試験にはあるんです。言い換えれば、「一定ラインの点数に達していないとしたときは、不合格扱いになる」というような点が用意されているのです。

司法書士試験については高難易度の国家試験と挙げられておりますので、最初から司法書士のための専門学校に足を運んだ方がベターです。さりとて、全部独学で挑んでも各人によってスゴク効率がある場合もございます。

専門学校の行政書士に特化した授業を受けたいのだけど、そばに学校がどこにもない、会社が忙しい、学校に通学しようとする時間がないといった受験生のために、多くのスクールにおいては空いた時間に勉強できる通信講座を開いています。