政党名には政党の思想、姿勢、矜恃が示される。
自由主義と民主主義を掲げて、自由民主党となり、共産主義を掲げて日本共産党になる。

社会民主党も社会主義 的経済政策を実現するための政党というわけだ。
民主党などもわかりやすい。後付に近い見方だろうが、自民党から経済的な意味での自由主義を取ると民主党に なる。維新の党は少しややこしい。
シンプルにみれば現代を「第二の幕末」と捉え、 辞書処分社会変革を実現しようとする政党ということだろうか?とにかく政党名とい うのは有権者にとってわかりやすいことが大切なのだ。
それを考えると、つい先日、解党したばかりのみんなの党はよくわからない名前であった。「みんな」とは誰のことだったのだろう?国民のことだろう か?それとも外国人も含む日本に住む全ての人々のことだろうか?あるいは党員のことだったのか?名称的にはどの政党よりも結束力が強そうな名前だったの に、内部対立によって崩壊したのは皮肉であった。